本文へスキップ

To-Beエンジニア試験はモノづくり企業のスキル・スタンダードです。

TEL. 03-5362-5162

〒160-0007 東京都新宿区荒木町23-15
アケボノ大鉄ビル2階

To-Beメンテナンス技術試験とはAbout To-BeMaintenance

To-Beメンテナンス技術試験は世界で初めて実現した、「ものづくり企業」のメンテナンス技術に必要な基礎知識を分野ごとに数値で「見える化」できる試験です。タイ語、英語、日本語で受験することができます。

試験結果を分析・活用することで教育のムダを大幅に減少させ、人材を戦略的に活かすことが可能になります。
メンテナンス人材の入社後のレベルチェックや職能教育、および採用試験としても活用することができます。

問題は、企画委員会にて作成した下記の技術知識マップに基づいて出題されています。



試験対象者 メンテナンス担当者
特   徴 メンテナンスの人材教育・研修の事前・事後の能力診断をして活用できます。



例題Question

To-Beメンテナンス技術試験の例題をご紹介します。
一番下の「正解はこちら」をクリックすると、正解を見ることができます。



問題1(メンテナンスの基礎)

機械設備の交渉率は、時間とともに一般的にどのように変化するのか?

(1) 初期故障期=>摩擦故障期=>偶発故障期
(2) 初期故障期=>偶発故障期=>摩擦故障期
(3) 偶発故障期=>初期故障期=>摩擦故障期
(4) 摩擦故障期=>初期故障期=>偶発故障期


問題2(電気部品と電気回路)

電圧の10mVの換算として、正しいものはどれか?

(1) 0.0001V
(2) 0.001V
(3) 0.01V
(4) 0.1V


問題3(材料と機械)

次の材料検査法のうちで非破壊検査法はどれか?

(1) ブリネル硬さ試験法
(2) X線検査法
(3) アイゾット衝撃試験法
(4) 引張試験法


問題4(メカトロニクス)

一般的な機械制御システムにおいて、コントローラ、センサおよびアクチュエータの基本的なつなぎ方はどれか?

(1) センサ信号をコントローラに入力して、コントローラからの信号をアクチュエータに出力する。
(2) アクチュエータ信号をコントローラに入力して、コントローラからの信号をセンサに出力する。
(3) センサ信号をアクチュエータに入力して、アクチュエータからの信号をコントローラに出力する。
(4) コントローラ信号をセンサに入力して、センサからの信号をアクチュエータに出力する。


問題5(機械の制御)

生産設備において、FAとは何か?

(1) Factory Automation
(2) Fundamental Application
(3) Flexible Access
(4) Flat approach

»正解はこちら


多言語の試験と成績表Localized Exam,Result

To-Beメンテナンス技術試験と成績表は、日本語・英語・タイ語の3ヶ国語に対応しています。
日本国内だけではなく、海外拠点でも同様にご利用いただけます。
多言語対応によりグローバルレベルでの技術力評価指標としてご活用いただけます。
また、試験の前や後に学習するためのテキスト(別売)も提供しております。

多言語対応

バナースペース

To-Be試験管理センター

〒160-0007
東京都新宿区荒木町23-15
アケボノ大鉄ビル2階
株式会社コガク 内
(旧株式会社工学研究社)

TEL 03-5362-5162

お問い合わせ